キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 コンプライアンス、「自分なりの意見」を聞かれたら? : コンプライアンスに転職するために。

コンプライアンス、「自分なりの意見」を聞かれたら?

コンプライアンスに関し特に厳しい見られ方をされるのが転職者です。社会人と会社人の法令順守を二元的に、他者とは違う持論で面談に臨みましょう。

コンプライアンスに転職するために。メイン画像

コンプライアンス、「自分なりの意見」を聞かれたら?

コンプライアンスについて、とくに厳しい見られ方をされてしまうのが転職者です。

「社会人と会社人を二元的に」、他とは異なる持論をもって面談に臨むようにしましょう。

■まず覚えておきたい3つの時代的流行語。

正社員であっても派遣やアルバイトであっても、また転職者や新卒・未経験者であったとしても、「コンプライアンス(法令順守)に関わる約束事」というのは入社時の規約条項に書かれており、それに署名捺印させる企業というのが増えています。

コンプライアンス、ガバナンス(企業統治)、CSR(企業の社会的責任)の3つの単語は、どこの企業でも頻繁に使っているので自分なりの意見をもっておきましょう。

■転職者であるが故の厳しい見方・疑いの目。

コンプライアンスは法令順守というかたい言葉に訳されていますが、法律を守ろう、ルールに従おうという意味であり、ほとんどすべての常識的事柄が法令遵守の対象になっています。

とくに転職者の場合は、前職との関係もあり、コンプライアンスに関しては面接官の見方がきついです。

たとえ新しい職場が未経験の分野でも、「この人間は大丈夫か」といったみられ方をします。

■コンプライアンスとは法やルールを守ることであり、「第1に社会人としての常識、第2に社内規定の順守が大事」。

コンプライアンスの視点は2つあります。

社会人としての法令と会社の勤め人としての法令です。

私生活が乱れている転職者や新人でも会社のルールには厳格かといえば、一事が万事でそうとは言い切れません。

面談のときにはこの2つを別々に立て分けて持論としてみましょう。

あまりない論旨です。

Copyright www.ent-asian.com.All Rights Reserved.

当サイト(コンプライアンスに転職するために。)の記事・画像などの無断転用を禁止します。