キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 コンプライアンスの転職理由と転職事情 : コンプライアンスに転職するために。

コンプライアンスの転職理由と転職事情

コンプライアンスの転職理由には、キャリアアップと専門的に働きたいケースがあるようです。企業側からの求人も多く、経験者にとっては有望な転職先であるでしょう。

コンプライアンスに転職するために。メイン画像

コンプライアンスの転職理由と転職事情

コンプライアンスへの転職事情について考えてみましょう。

コンプライアンス業務経験者の場合は、企業の中で契約法務を中心に行っていた人が、まずはコンプライアンスを含めて幅広い業務を行いたいというキャリアアップのために転職を考えるケースがあります。

そして、さまざまな法務業務を担当している人は、コンプライアンスを専門として働きたいと転職を考えるケースも多いようです。

法務部門全体を見た場合では、法務部門を強化したい企業は多い反面、法務部門の人員を新たに採用する企業は少なく、戦略的な組織の強化を図る企業の方が多いので、求人が多いというわけではないようです。

しかし、社会的責任を問われる事が多くなった状況の中、コンプライアンスについては求人が増えつつあり、リスクマネンジメントの観点からも企業側がコンプライアンス業務の強化を急いでいる状況がわかります。

特に金融法人からの採用は増加しているようで、企業の中では法務部のほかに別に「コンプライアンスチーム」を設置し、専任の担当者を配属しているケースが増えてようです。

コンプライアンス業務がカバーする領域は広がり、細分化される傾向にあります。

語学力を求められる場合もありますので、特に英語などは必要とされる場面も多くなりつつあるようです。

Copyright www.ent-asian.com.All Rights Reserved.

当サイト(コンプライアンスに転職するために。)の記事・画像などの無断転用を禁止します。